リオニマルは「動物に誠実な飼い主になろう」をスローガンに商品開発や情報発信を行っています。「動物に誠実」に向き合うとはどういうことなのか。答えは決してひとつに定まらないように思われます。様々な角度から動物と人間の関係を大きな視野で眺め、視点を変えながら見つめる。その積み重ねが大切だと私たちは考えています。リオニマルでは、野生動物・家畜動物・ペットと、それを取り巻く環境に関わる方々へのインタビューを通して、考えるヒントを探り、発信してまいります。多角的な方向から動物、生き物全般との向き合い方を、一緒に考えてみませんか。

今回は、岩手県の山の中で「なかほら牧場」を営む中洞正さんへのインタビュー。「なかほら牧場」は一年を通して牛が山で放牧されている日本でもめずらしい牧場です。ここは、国内ではじめてのアニマルウェルフェア認証をうけた農場でもあります。黄色いジープがトレードマークの中洞さんが案内してれた自然豊かな山の牧場は、好きな場所で好きに過ごしている牛たちの姿がとても心地よく印象的です。牛の幸せを考えることは山をつくることになり、自分の幸せや豊かさにもつながっている。中洞さんの著書タイトルでもある「幸せな牛からおいしい牛乳」という言葉に、すべてが詰まっているように思われます。「山に聞き、牛に聞く」自然の摂理から学び、生きとし生けるものと共存する。牛や山と共存する中洞さんの暮らしは、私たちにとっても暮らしを重ねるためのヒントがたくさんありました。


牛がつくるみどりのダム

LE:牛たちとこの山の景色がとっても透き通っていてキレイで心が奪われてしまいます。この景色も山地酪農の産物なのでしょうか。

中洞さん:山地酪農は牛乳を作っているだけではないのですよ。山を管理して、森を作ることも同時に行っています。牛乳をつくりながら地球も守っているということだと思います。

LE:なるほど。私たちはどうしても牛乳を作るという一部分だけにフォーカスしてしまいがちですが、物事は全てつながっているのですね。私たちもたくさんの動植物がいるから生きていることができるのですよね。

中洞:高度経済成長を経て、大量生産と大量消費の時代だったわけですが、お金が中心になってしまって、自然環境も動物も人もそのシステムの中に巻き込まれてしまった。もちろんお金が悪いわけではないのですが、生産性や効率が重視され、ロボットのような生き方になってしまったのではないかと思います。そういったライフスタイルには、自然の摂理から学ぶという姿勢が欠落してしまっているのではないでしょうか。

LE:何かがおかしい。違和感がある。最近、たくさんの人が気付き始めたのではないかと思います。だから、なかほら牧場牛乳やバターを求める人が多いのだと思いました。「安心できるものを食べたい、本当のことをしている人から、幸せな牛から、幸せな人からおいしくて健康なものを買いたい。」そういったことなのかなと感じます。

中洞:そうですね。山地酪農は、単純に山で牛を飼うことではありません。日本の山林なら、どこにでも生えていると言われている野シバを牛が餌にします。その牛の糞は目に見えない微生物の力をかりて土の栄養になり循環することで、山が管理されていくサイクルができます。人間が餌を買って与えたり、糞の処理をしなくても、山が牛を育て、牛も山を育てるという共生関係ですね。人間は、牛が食べない植物をたまに刈ったり、牛乳を分けてもらいながら一緒に環境を作っていくのです。

LE: それこそ本来の生命のあり方なのではないかなと感じます。

中洞:そうです。地中に張り巡らされた野シバはたくさんの水分を保水します。土砂崩れを防ぎ、山を作っているのです。強い山に私たちも住ませてもらっているのです。

LE:野シバと牛とその循環で山がつくられていく。そこに人間も住ませてもらう。そういった環境に触れ、理解できると、「自分は生かされている」と思い出せるというか、心から感謝する気持ちになります。

本来はいろいろなことが繋がっているはずなのに、それぞれが分断されて、一部にしか触れることができない普段の生活が少し寂しいような気もきます。

いきものとの向き合い方

LE:中洞さんが思ういきものとの向き合い方を教えていただけませんか。

中洞:ペットと同じく、私は牛から癒しをもらっています。ペットも家畜も同じかもしれません。私たちは動物に癒しをもらっている。だから、世話してあげているという感覚ではなく、わたしの場合は牛に生かしてもらっているという感覚です。実際に、牛の赤ちゃんが飲むはずの牛乳を分けてもらって、生きているのですから。

LE:そうですね。私たちはいつも動物たちからたくさんのものをもらっています。まずそのことに気付いて感謝する気持ちが大切だと思いました。

中洞:私たちが飲もうとしている牛乳はどうやってここまできたのか。現状を知るということが大切です。購入する人が主導権をもって商品を選ぶことで、動物との共生や環境を循環する社会にしていくことは可能だと思っています。私の場合は、自分が幸せになることを考えたときに、幸せな牛と暮らすことにつながった。自分の幸せにフォーカスしたときに、外側にも広がっていくのだと思います。

LE:買うということは投票とよく言われていますよね。また自分にとっての幸せを考えることが、社会全体の幸せにつながるという考え方はとっても心地よいです。

中洞:古来から日本の文化は、すべての生きとし生けるものと共存するという文化でした。全ての動植物を大切に思うことが「いだだきます」という言葉に込められています。

 

しあわせな牛からおいしい牛乳。動物が生きやすい場づくりが、結果的に人間にも良い場所になる。(上)
しあわせな牛からおいしい牛乳。動物が生きやすい場づくりが、結果的に人間にも良い場所になる。(中)
しあわせな牛からおいしい牛乳。動物が生きやすい場づくりが、結果的に人間にも良い場所になる。(下)


中洞 正 なかほら・ただし
1952年岩手県生まれ。東京農業大学農学部卒業。山地酪農家、山地酪農研究所所長。2006年から東京農業大学客員教授。一年を通して牛が山で放牧されている日本でもめずらしいスタイルの牧場「なかほら牧場」を営む。牛たちは山地の野シバを食べ、牛がした糞を栄養に土が肥えて、草が育つ循環する山地酪農を実践し、国内ではじめてのアニマルウェルフェア認証を受ける。著書に『幸せな牛からおいしい牛乳』(コモンズ刊)、『黒い牛乳』(幻冬舎刊)など。