リオニマルは「動物に誠実な飼い主になろう」をスローガンに商品開発や情報発信を行っています。「動物に誠実」に向き合うとはどういうことなのか。答えは決してひとつに定まらないように思われます。様々な角度から動物と人間の関係を大きな視野で眺め、視点を変えながら見つめる。その積み重ねが大切だと私たちは考えています。リオニマルでは、野生動物・家畜動物・ペットと、それを取り巻く環境に関わる方々へのインタビューを通して、考えるヒントを探り、発信してまいります。多角的な方向から動物、生き物全般との向き合い方を、一緒に考えてみませんか。


今回は、岩手県の山の中で「なかほら牧場」を営む中洞正さんへのインタビュー。「なかほら牧場」は一年を通して牛が山で放牧されている日本でもめずらしい牧場です。ここは、国内ではじめてのアニマルウェルフェア認証をうけた農場でもあります。黄色いジープがトレードマークの中洞さんが案内してれた自然豊かな山の牧場は、好きな場所で好きに過ごしている牛たちの姿がとても心地よく印象的です。牛の幸せを考えることは山をつくることになり、自分の幸せや豊かさにもつながっている。中洞さんの著書タイトルでもある「幸せな牛からおいしい牛乳」という言葉に、すべてが詰まっているように思われます。「山に聞き、牛に聞く」自然の摂理から学び、生きとし生けるものと共存する。牛や山と共存する中洞さんの暮らしは、私たちにとっても暮らしを重ねるためのヒントがたくさんありました。


牛がいるのが当たり前の暮らし。

LEONIMAL(以下:LE):中洞さんの著書「しあわせの牛乳」を読みました。とても素敵な本でした。「動物と暮らす」というと犬や猫などのペットが思い浮かびますが、昔は様々な動物と暮らすことも当たり前だったという印象を感じました。

中洞正さん(以下:中洞):生家には犬も猫もいましたが、にわとりはいるし、豚もいましたよ。たくさんの動物と暮らしていました。

LE:その中でどうして牛の飼育を職業として選んだのですか?

中洞:牛が好きだから。純粋に可愛いと思ってね。子牛はじゃれあったりする姿が可愛い。大人になった牛も、500㎏も600㎏もする大きな体なのに、当時小学校入るか入らないかの年齢だったの僕の後ろをくっついてくる。可愛いじゃない?

LE:牛がずいぶん身近な存在だったのですね。

中洞:この地域特有の「南部曲り家」というL字型が特徴の家は、牛と人間が一緒に暮らせる間取りになっている。馬や牛が寝る場所と土間が隣り合わせになっていて、常に一緒に暮らしているんです。分け隔てなくね。

LE:なるほど。人間と牛・馬の生活空間を共有する住居構造が、共に生きる飼い方そのものとリンクしているんですね。

中洞:日本の家畜文化は、農耕が定着した縄文弥生時代からだと言われています。今、家畜に心を寄り添わせ、健康的な生活を送らせる「アニマルウェルフェア」に注目が集まっていますが、日本では古代から、すでにそのような飼い方をしているというわけなんです。人間がすべてを支配するのではなく、すべての生きとし生けるものと共生することを日本人は早くから実践していたんですよね。工業型畜産というのは最近のことで、共生というところから離れてしまっている。家畜たちはそういう飼い方に耐えられないと思うのです。

LE:家畜にも動物福祉は、あてはまるんですね。

中洞:殺処分は犬・猫に限った問題ではありません。鶏に伝染病が発生したら、何十万羽という数が袋に入れて生き埋めになってしまう。毎年秋口になると必ず発生していますよね。ウイルスは野鳥や小動物が運んでくるというので、今では窓のない鶏舎が一般的になっていますが、それでも毎年発生しているのです。一方で、数は少ないですが庭で鶏を飼っているという人もいて、野生の小動物との接触があるにもかかわらず一軒も発生していない。なぜなのか。結局、病気は動物が受けるストレスが大きく関係していると思うのです。

LE:人間もストレスを過度に受けることが病気の大きな要因と言われていますよね。

中洞:家畜にも同じことが言えるでしょうね。ですから家畜のストレス軽減を第一に考える必要がある。

山地酪農とは

LE:なかほら牧場の牛たちが自由気ままに生きる放牧スタイルになったのは、どういう経緯からでしょうか。

中洞:大学時代に見たドキュメンタリー映画「山地酪農に挑む」との出会いです。30分ほどの短編映画でした。一般的に牧場というと、平地の印象があると思うのですが、その映画の中に表れた牧場が広大な平地ではなく、山の斜面を活用した牧場だったのです。それも何十頭というたくさんの牛を山が養っていた。大きな衝撃を受けました。しかも山地酪農のすごいところは、人間がほどんど牛の世話をしなくてよいというところです。

LE:え!牛の世話をしなくていいのですか?

中洞:牛たちが自分で自由に、好きなように生きているわけですから。

LE:餌はどうしているのでしょうか。

中洞:山に生えている草を、何でも食べますよ。牛が食べない植物は、この牧場の中だと10種類ぐらいじゃないかな。牛が食べない雑草は、私たちが山の中に入った時に刈っています。特に、なかほら牧場にも生えている「野シバ」が重要なんです。牛はこの野シバがおいしいみたいです。

LE:野シバにはどのような特徴があるのですか?

中洞:日本の山にならどこにでも生えているから、わざわざ海外の牧草の種をまいて育てる必要がないんです。野シバは地面の下いっぱいに根を張るから、たくさんの水分を保水し、山をしっかり支えてくれる。しかも牛の餌にもなるという優れものなんです。

LE:野シバに肥料は必要ないのでしょうか。

中洞:野シバは日本の山に適していて、そんなのなくても勝手に育っていくんですよ。牛が上の葉っぱの部分を食べても、根っこが残っているから何度でも生える。すぐれた植物なのです。牛の糞も山には重要な栄養分で、野シバが育つ豊かな土を醸成してくれますしね。

LE:まさに共生とはこのことですね。山地酪農に大学生で出会って、それを実行してしまう情熱が本当に素晴らしいです。

中洞:単純に牛がかわいいから、だけではないですね、実は。山地酪農を実践して、日本の酪農を変えてやるぞと思ったわけです。それが22歳ぐらいの頃かな。

LE:牛を放牧して育てるといったやり方が、当時は一般的ではなかったとすると、様々な障害があったのではないかと思うのですが。困難に向かっていく中洞さんを支え続けた、根底にあるものは何だったのでしょうか。

中洞:根底のもの?それはね、借金っ(笑)。

LE:なるほど(笑)。どんなことがあっても何とかするしかないですものね。

中洞:借金があったらやめられないですよ(大笑)。正直な話はそういうこと。ただ、今の日本の酪農はおかしいと思っていたから、自分が惚れ込んだ山地酪農が社会的に有意義なことで、続ければ必ず評価されると信じていました。

しあわせな牛からおいしい牛乳。動物が生きやすい場づくりが、結果的に人間にも良い場所になる。(上)
しあわせな牛からおいしい牛乳。動物が生きやすい場づくりが、結果的に人間にも良い場所になる。(中)
しあわせな牛からおいしい牛乳。動物が生きやすい場づくりが、結果的に人間にも良い場所になる。(下)


中洞 正 なかほら・ただし
1952年岩手県生まれ。東京農業大学農学部卒業。山地酪農家、山地酪農研究所所長。2006年から東京農業大学客員教授。一年を通して牛が山で放牧されている日本でもめずらしいスタイルの牧場「なかほら牧場」を営む。牛たちは山地の野シバを食べ、牛がした糞を栄養に土が肥えて、草が育つ循環する山地酪農を実践し、国内ではじめてのアニマルウェルフェア認証を受ける。著書に『幸せな牛からおいしい牛乳』(コモンズ刊)、『黒い牛乳』(幻冬舎刊)など。