~ADOPTION PARK in サンロード新市街~

 

いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展

名称: ADOPTION PARK in サンロード新市街
日時: 4月8日(日)12:00〜17:00
会場: サンロード新市街
入場: 無料
参加団体: 熊本県内の動物保護団体、動物関連団体
主催: ジョートフル熊本プロジェクト
共催: 熊本市新市街商店街振興組合

※都合により、内容変更や中止の場合があります。
※ペット連れでのご参加の場合は、他のお客様とのトラブルが無いよう、目を離さないようにお願いいたします
※動物と触れ合う場合は必ずスタッフにお声がけください。特にお子様連れの場合はくれぐれもご注意ください。
※保護動物の譲渡は、参加団体の規約に準じた条件で行われます。

【巡回展: 熊本 サンロード新市街】

この度、LEONIMAL-BOSAIは、ADOPTION PARK in サンロード新市街 にて「いっしょに逃げてもいいのかな?展」の巡回展を行います。

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」は、災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考える展覧会です。「もしも」のとき、あなたは「いつも」一緒に暮らしているペットを守ることができますか?“同行避難”という言葉があります。飼っているペットと一緒に避難場所に逃げることを指し、国としては同行避難を推奨しています。しかし、国の方針は一つでも、ペットや防災について、そして同行避難について、地域によって現状は異なります。自分の住んでいる場所では、本当に、――「いっしょに逃げてもいいのかな?」

本展では、災害時にペットと飼い主とまわりの人びととの間でどんなことが起こるかを想定し、災害発生から3日間の行動シミュレーション、同行避難についてのアンケート、疑似避難所や避難グッズの展示などを通して、「もしも」の時に必要なモノ・コト・キモチを考えます。ペットを飼っている人・飼っていない人がお互いの気持ちを共有し、ふだんからどんなことができるか、ともに考えることを目的に開催します。

※本展は「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」(主催:公益財団法人せたがや文化財団 会場:生活工房ギャラリー 会期:2016年4月23日―5月22日)と「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展in 熊本」(主催:リオニマル 会場:蔦屋書店熊本三年坂 会期:2017年4月22日―5月1日)をもとに再構成した巡回展です。

企画制作:L E O N I M A L B O – S A I/ L u c y + K
特別協力:N P O 法人A N I C E / 公益財団法人せたがや文化財団 生活工房

アートディレクション・デザイン:高橋剛
イラストレーション:七字由布(メインビジュアル)/二階堂ちはる(展示パネル)
編集協力:小林裕子(レモンと実験室)

 

会場:サンロード新市街

サンロード新市街

保護犬猫のことを楽しく知ってもらう、子どもでも大人でも楽しめるイベント「Adoption PARK」。

4/8(日)、街中のアーケード内という史上初の場所での開催。入場無料、どなたも大歓迎!

保護犬猫たちの紹介、かわいいチャリティグッズ販売、子ども犬猫ワークショップ、トークショー、ペット防災の展示、などなど。
動物好きもそうでない方も、子どもでも大人でも、誰でも気軽に楽しんでいただける催しがたくさん。

そして・・・

スペシャルゲストに、あの村上美香さんが決定!!
東田トモヒロさん、YASKI FARMさん、などのゲストライブも。

詳しくはジョートフル公式アカウントへ
https://www.facebook.com/jyoutofull/

LINEで送る
Pocket