「もしも」を「いつも」に。 もしもを想定することで、いつも備えることができる。 いつも備えていれば、もっと優しくなれる。
リオニマル防災

多角的なコラボレーションで、ペットとの防災をより身近に

災害が起きた時に大事な家族である「ペット」をどう守りますか?
5世帯に1世帯がペットを飼育している災害大国日本で、ペットの防災をもっと身近に考える、楽しく学ぶきっかけづくりを。

LEONIMAL BO-SAIは、LEONIMALプロジェクトが運営する、人とペットの防災を考える活動です。動物福祉に携わる社会活動団体、クリエイター、公益財団法人との多角的な取り組みを通して、ペットとの防災をより身近に考えていただける場の創出を進めていきます。

<活動協力>

  • 特定非営利活動法人ANICE【監修】
  • 公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
  • 特定非営利活動法人「ゴールゼロ」
  • 設計事務所 ima
  • Lucy+K
  • menu

    いっしょに逃げてもいいのかな?展

    2016年4月23日(土)〜5月22日(日)
    生活工房ギャラリー(三軒茶屋)
    入場無料

    BO-SAI Simulator

    同行避難の備えは大丈夫ですか?
    ペットフードやお水の量を計算するシミュレータをご用意しました。

    GRAMP

    同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー

    Story

    防災に関連したLEONIMAL BO-SAIオリジナルコラム


    event

    いぬと、ねこと、わたしの防災

    いっしょに逃げてもいいのかな?展

    いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展

    2016年4月23日(土)〜5月22日(日)
    9:00〜20:00
    ※入場無料
    場所:生活工房ギャラリー(三軒茶屋)

    東日本大震災以降、私たちの防災に対する意識は「もしも」のとき、あなたは「いつも」一緒に暮らしているペットを、守ることができますか?
    《同行避難》、という言葉があります。非常時に際し、飼っているペットと一緒に避難場所に逃げることを指し、行政としては同行避難を推奨しています。しかしそこには、ペットと飼い主にとってさまざまな問題が横たわっています。
    「もしも」を考えると浮かぶ、さまざまな疑問。「キャリーに入ってくれるかな?」「持っていかなければならないものは?」「避難所では、別々に過ごすの?」「ペットのための備蓄やケージはあるの?」「ペットを嫌がる人もいるよね?」――そもそも、本当に、「いっしょに逃げていいのかな?」
    本展は、「もしも」の時にペットを守るため、そしてペットと飼い主とまわりの人びととの間でどんな問題が起こるのかリアルに想定し、ふだんからどんなことができるか、来場者とともに考えることを目的に開催。災害時のシミュレーションをイラストレーションで展開し、そこから見えてくる、その時に必要なモノ・コト・キモチを考えます。あわせて、クリエイターによるペットと防災をテーマにしたグッズの提案や、自治体・地域の取り組みなども紹介します。
    関連イベントとして、専門家とクリエイターによるトークイベントや、迷子ペットポスター制作ワークショップも開催。
    いっしょに、生きていく。いっしょに、生き抜こう。
    動物と暮らしている人も、暮らしていない人も、いっしょに考える展覧会です。

    生活工房ギャラリー
    東京都世田谷区太子堂4-1-1
    キャロットタワー3階
    東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅直結
    http://www.setagaya-ldc.net/
    Tel:03-5432-1543

    生活工房ギャラリー(キャロットタワー3F)

    生活工房ギャラリー(キャロットタワー3階)
    東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅直結

    主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
    企画制作:Lucy+K
    特別協力:LEONIMAL/NPO法人ANICE
    協力:世田谷獣医師会
    後援:世田谷区/世田谷区教育委員会

    ~特別企画・イベントラインナップ~

    特別企画:クリエイターのみなさんが考える「防災アイテム」

    「あったらいいな」をクリエイティブな目線で提案
    ペットと一口に言っても、様々な種類があり、個々の性格もさまざま。
    防災を考えるときも、「うちの子なら何が必要だろう」と自分サイズでのアイデアや視点、発想力が必要になってきます。
    展覧会では特別企画として、様々な分野で活躍されているクリエイターさんにペットとの防災で「あったらいいな」を提案していただきます。クリエイターならではの柔らかい自由な発想で、「わたしならどうする」を楽しく考えるきっかけを創出します。

    クリエイターによるペットと防災をテーマにしたグッズ提案のうちの一部は、5月9日~5月24日dogdeco伊勢丹新宿店にて開催されますPOP UP STORE「&PETS PROJECT IN ISETAN」にてご購入いただくことが出来ます。ぜひ合わせてお出かけください。

    f0068145_1247950

    dogdeco 伊勢丹新宿店
    〒160-0022 東京都新宿区新宿3−14−1 伊勢丹新宿店本館5階
    電話 03−3352−1111(大代表)

    トークセッション:特定非営利活動法人ANICE×クリエイター「もしものために、必要なもの」

    こんなアイテムがあったらいいな、をクリエイティブな目線で提案
    「特定非営利活動法人ANICE」は名称のもととなった「Animal Navigation In Case of Emergency=緊急時の動物の道案内」をテーマに、動物といっしょに暮らす人たちのための避難・防災に関する情報と知識を発信し続けています。被災地の実態を熟知し、飼い主だけでなく、ペットを飼っていない人々や様々な立場からの多角的な意見をもとに、「人と動物が共存できる防災や避難の方法」を提唱しています。
    法人理事長の平井潤子先生と、ペットと防災についてさまざまな実践とともに研究を続けていらっしゃる平井潤子先生と、本展参加クリエイターが、非常時に必要なものについて考え、語り合います。

    開催日時:5月7日(土)14:00~15:30
    場所:生活工房4FワークショップA

    ワークショップ:「まいごポスター・ワークショップ」

    ペットを「見つけてもらえる」迷子チラシ制作を通してペットへの愛情を育む
    被災地で紙の調達や写真の出力などをするのはとても大変です。あらかじめ迷子ポスターを作っておくことはいざ迷子になったときに慌てることがないだけでなく、そういった心構えが互いの絆をより深くします。
    アートディレクション、プロダクトデザイン、作品制作などで今アツい注目を集める「KIGI」の植原亮輔さんを講師としてお迎えし、「見つけてもらえる」迷わかりやすいポスターの作り方を広告のテクニックを交えながら楽しく解説していただきます。

    開催日時:5月21日(土)14:00~16:00
    場所:生活工房4FワークショップA

    simulator

    同行避難の備えは万全ですか?

    %

    同行避難に不安を抱えている飼い主

    %

    同行避難のためにペットフードや水などの準備をしている飼い主

    インターネット調査:アイソシアル(株式会社ドリーム)

    同行避難シミュレータ

    同行避難のための備蓄は十分ですか?
    ペットの体重とペットフード100gあたりのカロリーを入力して、「計算する」をクリックしてください。緊急避難時にペットに必要なペットフードと飲料水の目安が表示されます。

    ※ 標準的なドライフードのカロリーは100gあたり300kcalです。
    ※ 表示結果は目安となります。

    product

    GRAMP

    同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー

    LEONIMALのリュック型ペットキャリーGRAMP(グランプ)は、災害時の様々なシーンを考慮した多機能性と特殊構造にこだわった、避難キャリーの決定版。
    大切なペットとの「いつも」の暮らしを、「もしも」の時も守っていきたい。
    飼い主さんの切なる願いに応えるスペシャル・アイテムです。

    動物福祉を科学する ペット×災害のスペシャリスト
    NPO法人アナイス代表 平井潤子 監修

    同行避難時にはペットを連れて移動することだけでなく、その後少なくとも3日間の避難所での生活を想定しておかなければなりません。
    このリュックの最大のポイントはケージ内蔵型という点です。背中部分のチャックを広げるとペットのための居住空間が広がります。さらに給水口も搭載されていることから避難所での生活を余儀なくされたときにでも、衛生的にストレスを和らげた状態で過ごすことができます。
    飼い主が同行避難時にまず考えるのは、周りに迷惑をかけてしまうのではないかということ。
    このキャリーはその不安な気持ちを少しでも緩和できるよう、飼い主に必要な備えが専門家の知識と経験に基づいて多機能搭載されています。
    非常時を想定して設計されていますから、日常ももちろん居心地のいいリュックとなっています。
    通院や行楽にも使える頼もしいリュックです。

    デザイナーの見地から動物福祉向上のために愛護団体と協働 動物xデザインのスペシャリスト
    設計事務所ima 小林恭+マナ プロダクトデザイン

    2001年から猫2匹を愛護団体から、その後2008年には、友人より猫1匹を譲り受け、3匹の猫と暮らしていました。一番長い間家にいる猫たちのために引越した先は、猫用階段や猫用の出入り口などの工夫をインテリアデザインに取り入れました。そして2011年の東北を襲った東日本大震災で、一緒に避難できないでいた動物たちの状況を目の当たりにして、日本の動物事情を少しずつ知るようになりました。デザインで動物たちの役に立ちたいという思いが、ランコントレ・ミグノンという愛護団体でのシェルターの設計や資金集めのための写真展の企画や会場構成などの『設計のボランティア』や犬を預かる『預かりボランティア』などをすることになった発端です。震災がきっかけで始めたボランティアだったので、人間と動物の生活向上のための『LEONIMAL』の『フリーランドリー』や防災を目的にしたリュック『GRAMP』を作る企画は、「なんてちょうど良い機会なんだろう!」と二つ返事でお受けしました。自分達の出来ることで人間と動物の暮らしを少しでも豊かにできるお手伝いができるならとても嬉しい良い機会だなと思いました。

    9つのこだわり機能

    1. タフ&ライトなアウトドア仕様
    2. スペースの合理性
    3. ケージ内蔵
    4. 給水口搭載
    5. 視覚コントロール布
    6. 収納力大
    7. 4WAY
    8. 動作性
    9. 視認性とデザイン

    リュック型ペットキャリー GRAMP
    重量:約3,120g
    素材:ポリエステル100%、PVCコーティング
    45,000円(+税)

    #leonimalbosai

    #leonimalbosaiでペットとの防災を投稿しよう!

    ハッシュタグ【#leonimalbosai】を付けて、facebook、Twitter、instagram、Google+、Vine、Flichrで投稿していただくと、こちらに表示されます。
    テーマは同行避難の不安や、日頃から気をつけていること、また自信の体験など「ペットとの防災」です。
    みなさまの投稿が、ペットとの防災を考えるきっかけづくりになるよう、この活動が拡散しくことを願っています。

    LEONIMAL BO-SAI