宇宙規模で楽しんじゃおう!

第35回世田谷区動物フェスティバル

いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展

イベント名:第35回世田谷区動物フェスティバル
イベントURL:http://www.city.setagaya.lg.jp/event/1993/d00015130.html

日時:11月4日(日)10時30分~15時 ※雨天の場合は中止
会場:都立砧公園 ねむのき広場(世田谷区砧公園1-1)

アクセス:東急田園都市線「用賀」から徒歩20分 または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車、小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車、小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車、駐車場(有料)
入場料:無料(一部有料施設あり)

【巡回展: 東京 世田谷】

この度、LEONIMAL-BOSAIは第35回世田谷区動物フェスティバルの防災コーナーにて「いっしょに逃げてもいいのかな?展」4回目の展示を行います。

第35回世田谷区動物フェスティバルは、警視庁騎馬隊の乗馬体験・こどもふれあい動物教室など、動物を見て、触れて、楽しめるイベントです。 メインステージでは、オープニングパレード(玉川交通少年団鼓笛隊の演奏にあわせて、たくさんの動物たちが行進します。)のほか、犬のしつけ方教室や介助犬のデモンストレーション、タカのフライトショーなどがおこなわれます。

「いっしょに逃げてもいいのかな?展」は、災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考える展覧会です。「もしも」のとき、あなたは「いつも」一緒に暮らしているペットを守ることができますか?“同行避難”という言葉があります。飼っているペットと一緒に避難場所に逃げることを指し、国としては同行避難を推奨しています。しかし、国の方針は一つでも、ペットや防災について、そして同行避難について、地域によって現状は異なります。自分の住んでいる場所では、本当に、――「いっしょに逃げてもいいのかな?」本展では、災害時にペットと飼い主とまわりの人びととの間でどんなことが起こるかを想定し、災害発生から3日間の行動シミュレーション、同行避難についてのアンケート、疑似避難所や避難グッズの展示などを通して、「もしも」の時に必要なモノ・コト・キモチを考えます。ペットを飼っている人・飼っていない人がお互いの気持ちを共有し、ふだんからどんなことができるか、ともに考えることを目的に開催します。

※本展は「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?展」主催:公益財団法人せたがや文化財団 会場:生活工房ギャラリー 2016年4月23日―5月22日を再構成した巡回展です。

企画制作:Lucy+K/LEONIMAL BO-SAI
特別協力:NPO法人ANICE/公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
協力:昭和女子大学大学院 生活機構研究科 心理学専攻 清水裕研究室
アートディレクション・デザイン:高橋剛
イラストレーション:七字由布(メインビジュアル)/二階堂ちはる(展示パネル)
編集協力:小林裕子(レモンと実験室)

主催:公益社団法人東京都獣医師会世田谷支部・世田谷区

都立砧公園(むねの木広場)

都立砧公園 (ねむのき広場)

関連イベント

関連イベント

■動物ふれあい体験コーナー(試乗券・整理券が必要)
警視庁騎馬隊の乗馬体験、ポニーの試乗、こども動物ふれあい教室などに無料で参加できます。
(注意)各種券の配付は、各ブースにて対象の子どもに配布します。また、動物の体調により、中止する場合があります。

【警視庁騎馬隊の乗馬体験】
対象:3歳から小学校2年生以下

内容:警視庁騎馬隊の馬に試乗できます。

試乗券配布:11時から先着60名(乗馬体験ブースで券を配布します。)

試乗時間:11時15分から正午

【ポニーの乗馬体験】
対象:3歳から小学校4年生以下

内容:ポニーに試乗できます。

試乗券配布:13時30分から先着80名(乗馬体験ブースで券を配布します。)

試乗時間:13時30分から14時30分

【こどもふれあい動物教室】
対象:幼児から18歳以下

内容:獣医師の指導の下、ウサギ、モルモットなどとふれあいができます。

1.整理券配布:10時45分から先着80名(午前の部:10時45分から12時)

2.整理券配布:13時30分から先着80名(午後の部:13時30分から14時45分)

■みんなで遊ぼう
ふわふわトランポリンや、高校生が教えてくれる木の実で工作コーナーなど無料でたくさんあそべます。
(注意)混雑時は入場を制限させていただくことがあります。また、材料などがなくなり次第終了いたします。

■見て!触れて!学ぼう!
実際に聴診器を使って動物の心臓の音を聴いたり、パネル展示やクイズコーナーで動物について学んだりできます。
(補足)犬や猫など動物の飼い主向けの相談コーナーなども開設しています。

*詳しくは、第35回世田谷区動物フェスティバルパンフレット(添付画像ファイル)をご覧ください。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
金巻とも子

金巻とも子

一級建築士且つ、家庭動物住環境研究家という肩書を持ち、ペットではなく「家族」であるための住まいデザインを提唱。関連著書も多数出版。住宅コンサルティングから商品企画までこなすプロフェッショナル。 かねまき・こくぼ空間工房代表。